塾に通う事は自分の学力を伸ばすメリットがあります。そこで、どのような集団塾に通えば学力が伸びやすいのかについてお話します。また、塾に通っているのに、成績が伸びない場合の対処についてもお話するので参考にしてくださいね。

集団塾の選び方

家から通いやすい塾を選ぶ

子供を集団塾に通わせる場合、少しでも評判の良い塾に通わせたいと考える方が多いのではないでしょうか。しかし集団塾に通わせる場合は、自宅からの距離も考慮することが大切です。評判の良い塾であっても、通う…

定期テストを行ってくれる塾を選ぶ

集団の塾に行く時は、定期テストを実施してくれるところを選びましょう。塾では勉強を分かりやすく教えてくれますが、授業が成績アップに結び付くかどうかはっきりしない面があります。定期テストがあれば、それ…

学習塾はどのようにして選ぶのがよいのか

どこの学習塾にすればよいのかは、口コミを調べるのが基本的にはオススメですが、一番は自分でその塾へ行き、体験してみるということです。

個別面談を行ってくれる塾がおすすめ

塾選びにおいて個別面談は重要な要素

塾は授業を行う場所ではありますが、それだけというわけではありません。面談を行い、進路指導を行ったり指導方針を確認したりすることも重要となります。それゆえに集団指導塾を選ぶ際には個別面談を行ってくれるところを選ぶことが大切です。個別面談は夏期講習前、冬期講習前に行われることが多く、場合によっては生徒や保護者の任意のタイミングで行えるケースもあります。面談を入念に行っている塾は指導計画などをしっかりと立てている可能性が高く、塾への判断材料として面談は非常に大きな要素ともなっています。個別面談の形式は保護者と塾長のみの2者面談と、生徒を含めた3者面談があります。どちらもその後の方針に大きな影響を与えます。

個別面談の内容とはどういったものか

個別面談で話し合われるのは主に普段の生徒の様子、今後の方針、講習の予定、志望校の選定などです。面談は保護者や生徒が塾に対して意見を言う機会でもあるので、伝えたいことをはっきりさせておくことは非常に重要といえるでしょう。保護者が自宅での学習状況を塾に対して伝え、宿題などの内容を変えるケースもあります。希望の講師がいる場合はそのことを伝えることも大切です。個別面談にかかる時間は30分から1時間ほどとなっていて個人差があります。場合によっては1時間半ほどかけることもあります。個別面談の時間をしっかりと確保し、充実した内容になるように努めることは塾において大切なことの1つです。また、入塾前に面談が行われるケースもあります。

塾に通っても学力が伸びない場合の対処

  • 新しい塾に通う

    塾に通っても学力が伸びない場合は、塾の形態を見直してみましょう。集団塾だったら、一クラスの人数が少ないところか、個別指導塾に変更することを考えます。集団塾の場合は、クラスの人数が多い時は先生の指導…

  • 塾の先生に相談する

    塾に通っても成績が上がらない場合は塾の先生に相談することが有効となります。何故なら塾の先生は成績を上げるエキスパートだからです。塾では基本的に授業時間に指導を受けることになりますが、多くの塾では授…

  • 同じ塾の生徒と仲良くなりアドバイスをもらう

    塾に行って成績が伸びない場合はいくつかの理由があります。特に考えられるのが、先生との相性です。相性の悪い先生に教えてもらうと、成績が上がらないことが少なくありません。その先生の教え方が悪いというわ…